ロックボルトの確認試験器の定番

  • テンションバー・油圧ポンプを使用しない画期的な確認試験機 
  • 軽い締付け力で最高110kNまで確認試験可能
  • 軽量で、一人で簡単に作業できます
  • 球面プレートにより5度まで調整可能
仕様
最大荷重110kN
重量8kg
全長(最小長)60mm (26mm)
ホール径φ33 (φ60)
ストローク15mm
圧力計面径φ75 最小目盛2kN
付属品キャリブレーション表、ラチェット、説明書、
球面プレート、収納ケース、六角レンチ棒
ケース寸法200×400×600 総重量15kg
対応ロックボルトネジテツコン、タフネジバー、Mネジ(並目)、
自穿孔ボルト、ゲビンデ
締付けトルク荷重が30kNの場合:ボルトジャッキ 60N.m ユニットジャッキ 20N.m
荷重が60kNの場合:ボルトジャッキ 130N.m ユニットジャッキ 40N.m
荷重が110kNの場合:ボルトジャッキ 使用不可 ユニットジャッキ 60N.m

●注意● 圧力計最小目盛 現時点で5kNと2kNがあります。現在すべて2kN仕様に変更を行っています。 

★15mmのストロークエンド(シリンダーが伸びきった状態)では、圧力計の荷重は、上がりません。

★余長が短い場合の施工方法 頭出5~8.9㎝の場合

対応ロックボルト

メーカー対応ボルト
東京鐵鋼 ネジテツコンD19・D22・D25・D29・D32
朝日工業 ネジエーコンD19・D22・D25・D29
共栄製鋼 タフネジバーD19・D22・D25・D29・D32
一般MネジM20・M22・M24・M27・M30・M33・M36
自穿孔ボルトスーパーダグシムD26・OSDP・R29・QS (φ28.5)
TF26・R32・SP32 (φ31.5)
インチネジ1"
住友ゲビンデD23

上記以外の商品も作成可能です

専用ナット

付属品

キャリブレーション表 ・ ラチェット ・ 球面プレート ・ 収納ケース・説明書

取扱方法

❏ ❏ 操作方法 実際に荷重を掛ける ❏ ❏

❏ ❏ シリンダーの下げ方①ナット ❏ ❏

エレベーター式三脚

最高設置高さ 2100mm  重量 6kg

ちょっと変わった使い方(パイプを逆さにした下側使用)