クローネンビットとは、おもにロータリーパーカッション式の単管削孔方法において、ドリルパイプの先端に取り付けて削孔するための先端ビットです。削孔完了後ドリルパイプ回収時に地中で切り離して使用します。

使い捨てビット式で、地下水位の高い地盤で地下水によるドリルパイプ内への土砂等の吹き上げを防止します。

クローネンビット比較表

 標準タイプピン付タイプフラッシングタイプ
各タイプ
133弁付
ドライブシュー
専用治具必要無し必要無しミット
キャッチャー
外し方ケーシングを引くと外れる。ケーシングを右回転にして引くと外れる。キャッチャーを挿入して、ミットを回収し
ケーシングを引くと外れる。
削孔中の外れてしまう可能性削孔中、空洞があった場合は外れてしまう。削孔中、空洞があっても外れにくい。ボルトで固定されているため、外れない。
特徴安価ピンが鍵式の為、外れにくい。ボルト2本で肯定しているので、
ミットが外れない限り外れる事が無い。
欠点削孔中空洞があると外れやすい基本的には、左回転で削孔中は外れないが、誤作動で右回転して外れてしまう事がある。
また、砂が詰まったりして右回転ができず、外れない場合がある。
取付時や外すときに作業時間が掛かる。
値段も高価

標準タイプ

呼び径外径内径高さ重量弁なし重量弁付
96(3”)φ103φ621403.5kg4.0kg
118(4”)φ125φ881555.7kg6.8kg
133(5”)φ141φ1001607.3kg8.0kg
146(5”1/2)
製造中止
φ159φ118165
165(6”)φ178φ13019013.0kg15.0kg

クローネンビット 脱落防止ピン付

削孔時の、クローネンビットの脱落を防止します。
 解除方法は、右回転することにより外すことができます

★ドライブシューは鍵式専用の物が必要になります

クローネンビット フラッシングタイプ

削孔時の、クローネンビットの脱落を防止します。
 解除方法は、特殊金具で外すことができます

★ドライブシューはフラッシング専用の物が必要になります

特殊加工

●チップ加工

ビット先端部に、チップを埋め込むことにより、      より硬い地層や、砂層に最適です

各タイプに対応できます

●一文字加工

粘土層に最適です
各タイプに対応できます

ドライブシュー(アヘンガー)

クローネンビットを使用する時に必ず、ケイシングの先端に装着して使用します 

標準タイプ        脱落防止溝付      フラッシング

呼び径ネジ外径内径L図面/標準図面/溝付
96(3”)共通ネジφ96φ67140
118(4”)φ120φ88155
133(5”)φ113φ106160
146(5”1/2)φ146φ122190
165(6”)三菱ネジ(ネジ:細かめ)φ165φ134.5
鉱研ネジ(ネジ:粗目)