止水ボックス(上部下部セット図)


当社の止水ボックスは、主にグランドアンカー工法や注入工法において、施工箇所が被圧地下水等によって通常の削孔が困難な場合、止水装置としてご使用いただけます。削孔口からの土留め壁背面土砂流出、削孔土、注入材流出を軽減させます
※止水ボックスご使用の場合は、必ず接続用口元管の設置が必要です。

止水ボックス設置図  <口元管+止水ボックス(ゴムパッキン式)>

■使用方法
 ①口元管を壁に設置する
 ②止水ボックス(シャッター板を開放状態)を口元管に取り付け、削孔する
 ③削孔終了後アンカー体を挿入し、ケーシングを抜管し、最後の1本になったところで、テンドンに取付けた口元 の奥のフリーパッカーで止水し、土砂の流出を和らげる
 ④止水ボックスを取り外し、 口元パッカーで止水する

規格ガイド管適応ケーシングレンタル
SSB096Φ139.8 (5”) 内径Φ130.896 (3”)
SSB150Φ165.2 (6”) 内径Φ155.296(3”) 118(4”) 133(5”)
SSB175Φ190.7 (7”) 内径Φ180.1118(4”) 133(5”) 146(5”1/2)
SSB200Φ216.3 (8”) 内径Φ204.7118(4”) 133(5”) 146(5”1/2) 165(6”)

止水ボックス(上部ボックス)


当社の止水ボックスは、主にグランドアンカー工法や注入工法において、施工箇所が被圧地下水等によって通常の削孔が困難な場合、止水装置としてご使用いただけます。削孔口からの土留め壁背面土砂流出、削孔土、注入材流出を軽減させます
※止水ボックスご使用の場合は、必ず接続用口元管の設置が必要です。

ケーシングとの止水選定

①ゴムパッキン式と②グリスコットン式の2タイプがあります

①ゴムパッキン式 

ケーシングとの隙間を特殊なゴムパッキンで密閉し、土砂の流出を軽減します。耐久性に優れ、交換も可能です。
主に、グラウンドアンカーでよく使われます

②グリスコットン式

ケーシングとの隙間を特殊潤滑剤を含浸されたコットンで密閉し、土砂の流出を軽減します。
ゴムパッキン式とは異なりコットン内蔵頭部ボルト部分を締緩調節しケーシングとの隙間を極限まで閉塞可能、耐久性にも優れ交換も可能です。
*グリスコットン:優良綿糸を八編したものに特殊潤滑剤を含浸させたパッキン
※先端リングビットが貫通できない為、削孔開始及び完了時にリングビットの着脱が必要です

仕様
サイズ(㎜)1巻の長さ約(m)重量(kg)
7.9-5
9.550.3
11.137.0
12.729.3
15.9-

●使用用途

 削孔口への口元パッカー設置、土留め壁背面の土砂流出の軽減、グランドアンカー工法において、定着(緊張)後  漏水に対してのフォロー(止水対策※1)

口元管は、設置する箇所に適応した様々な形状タイプがあります。
また施工条件に合わせた設計計画からの特殊タイプ加工等も承っております。
転用不可能

 

○ 壁との設置方法
  タイプA 溶接(鋼矢板・シートパイル)
  タイプB ボルト接続式(コンクリート)
  タイプC 打ち込み式(SMW)

○ 止水ボックスとの接続方法
  タイプ① Fバンド
  タイプ② ヴィクトリックジョイント式
  タイプ③ ボルト・ナット式
  タイプ④ 角ネジ式

●発注方法 

 パイプサイズ
 角度:打設角度・水平振角度
 壁との設置方法
 止水ボックスとの接続方法
  例 口元管165.2-30度-右5度振-A-①

 

<写真> 口元管ボルト固定

エリ付きタイプ

鋼管パイプに施工角度に合わせたプレートを溶接した商品となります。
一般的に土留め壁は鋼矢板での使用が多く、打ち込み完了位置はプレートが親杭に接触した時点で完了。その後、全面溶接してご使用いただけるものとなります。一般的に土留め壁が鋼矢板専用に設計されており、予め土留め壁削孔径分の面積をガス切断してからの設置を推奨します(全面溶接)。

一般的な口元管です

口元管

コンクリート用
アンカーボルト穴付き

ボルト穴加工(コンクリート壁用その他)

ガイド管打ち込み完了後に専用プレートにて溶接固定することによって、鋼管周辺からの漏水や土砂流出の軽減やケーシングの回転衝撃への緩和、供回り防止を目的として使用します。
ガイド菅襟付きタイプのプレート単体となります。固定は全面溶接にてご使用ください。

貫通式

口元管用プレート


分割式プレート

特殊品

口元管注入口付き
三段式
鉛直+水平角度付き
曲げ加工(鋼管杭用・その他)
ガイド管

既製規格品の一般的な鋼管パイプです。専用打ち込みアダプターを使用し、設計深度まで打ち込み、土留め壁背面の土砂流出を軽減し止水対策が可能です。固定ができない為、削孔中の衝撃で共に回転してしまう可能性があり、固定(プレート)をお勧めいたします。

(使用用途)主に土留めが連続地中壁や鋼矢板等の場合に使用でき、土留め壁背面までの深度や施工側への突起部の長さも考慮し、(腹起し等干渉しないよう)打ち込み設置して使用する商品です。

※地中埋設物等への影響や干渉を保護する用途でもご使用になれます。

口元管先端部の加工

連壁や粘土層への推進力をUPさせるために、鋭角に切断や切り刃加工も可能です。

口元管(ガイド管)専用打込みアダプター

打ち込みアダプター

150A-133   共通ネジ
175A-146   共通ネジ
200A-165K 鉱研ネジ
200A-165M 和工・三菱ネジ

寸法表:パイプとエリ寸法

主に鋼矢板溶接用としてご使用いただけます。削孔角度(設計)及び削孔径に合わせて組み合わせ加工します。
全て受注生産にて取り扱っています。

※水漏れが無いように□全面溶接にて設置ください。

 

■エリ寸法

角度(度)厚み(t)幅(w)高さ(h)
0-209235300
25310
30320
35340
40350
45370

■パイプ寸法

外径(φ)内径(φ)適応ケーシング重量1m当たり(kg)
139.8130.896(3")15.0
165.2155.2118-133(4-5”)19.8
190.7180.1133-146(5”1/2)24.2
216.3204.7165(6”)30.1

止水ボックスと口元管の接続選定

タイプ① Fバンド

 止水ボックス:ボルト2本で固定

 口元管:切断のみ

タイプ② ヴィクトリックジョイント式

 止水ボックス:ボルト1本で固定

 口元管:パイプにSカラーリングを取り付けた物

Sカラー加工

タイプ③ ボルト・ナット式

タイプ④ 角ネジ式

参考:150タイプ 定価30万です 

特殊な止水ボックス

JIS規格ねじ込みフランジやSカラータイプ等特殊な接続にも対応する製品もございます。
その他、有効長、排出口サイズ、排出口数量他、施工条件に応じたゼロ設計からも承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

止水ボックス(特殊フランジ接続タイプ)